『初めて写経をやってみて』

いつもsunnyplaceブログを訪問してくださり、
ありがとうございます。


前回、次は写経についてを書きますと、
予告をしておきながら、
随分と間が空いてしまいました(;^ω^)


さて、、『写経』について。


言葉は知っておりました。
お経を書き写すのだろうと、イメージはありました。
お経を覚えるためだけではない
私にはわからない深い修行があるのだろうと、
そんな風にとらえていました。


私にそれをする機会が訪れるとは・・・・


私のしている写経は、
お経を書くものではなく、
内容はこだわりがありません。

今は、自分の中に落とし込みたい本を
時間やページを決めて書いています。


学ばせていただいている何人かの師匠に
28歳の若い男性がいます。
その方からのご推薦がきっかけです。

若いのに、いろいろなご苦労をされ、
驚くほどの知識量、経験量、そして器に広さ。

武道もされているということですから、
精神面を鍛えることには時間を創っていらっしゃるのだと
思います。


「写経をお薦めします」

この方が言うのだから、きっとやったらいいんだろうけど・・・


まったく興味がわかなかったので、やっていませんでした。


「ただ書き写す」
言ってしまえば単調な作業が嫌いなのです。


そうしているうちに、一緒に学ぶ方たちとのコミュニティができ、
そこに入りましたら、
全員が当たり前にやっているではないですか・・・
何と素直な方たちなのでしょう。

毎日その方達の報告を見ているうちに、
私の脳は刺激を受け^^;
やってみるか!

になりました。


お薦めは30分でしたが、
最初は5分でもいいから、
とにかく続けること!

1ページを書く

ことからスタートしました。


最初の数日は、ものすごくストレスでした(笑)


ですが、1日1日、自分の中が変わっていくのを感じたのです。


「静」の時間です。
自分が「静まっていく」のを感じました。

最初は時間を創れなくて、
夜寝る前に。

これは朝にやった方がいいと感じて、
朝にやってみると、

落ち着きを得られますし、
何より、その日の「自分の状態」を知ることができます。


私は自分をクリアーにする技術を持っていますが、
クリアーであるかどうか、
どの程度のクリアさかどうかを知っていないと、
その技術は役立ちません。


「これは瞑想に近い」

そう思いました。



ここで、何を言いたいかといいますと、

写経をお薦めしたいわけではなく、


「やりたくない」
「きっと私には無理」
「私には向かない」

そう思ったものこそ、やってみることを
お薦めします。


頭で、または反応的に拒否をしていることを信じないで、
無理にでもやってみると
かなりの効果を得ることができます。


朝に自分に「静」になる時間を与えることの効果。
それは写経でも瞑想でもよし。

写経は本の内容を自分に入れられるので、
私はしばらく続けていきます。



『やりたくない!  ことこそ、やってみよう!』



最後まで読んでくださってありがとうございました。
 
| 最近のわたし | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

『人見知りかと思ったら』




先週末、東京である講座を3日間受けてきました。
長時間、夜は懇親会と、どっぷりです。

そこで、気づいた自分の存在の仕方について。


参加者は約200名。
皆さん、個性があり、パッションのある方で濃い面々。
私もそのように表現されることはあるのですが・・・・(笑)

講師も1人は、25年TV業界にいて、
誰しも知る番組を多く手掛けた有名放送作家さん。
それはもう、熱い熱い。
テンションが下がることがあるのだろうか・・・というほど。

それはもう圧倒されまくりですよ。


講師からも他の参加者からも、
それはもう刺激を受けまくりで、
場に馴染めずに帰ってきました。

人見知りしているのかな・・・


ところが、6人組でワークをした時には、
後からそのグループに入ったのに、
いきなり仕切り出す私(^▽^;)
そして、全体への発表も私がしました。

これ、いつもの私。


なんだ?
この違いは・・・・


面白がって、とにかく自分観察をしつつ、
Facebookにそのままを投稿したんですね。


いただいたコメントで気づけたんですが、

その場での存在価値を見いだせるかどうか
という視点。

確かに。

6人組の場合は、全員が見れるし、
その場の空気もつかめるので、
これって、私が仕切った方がいいのかも。
そう瞬時に判断したように思います。


ところが、全体となると、どんな自分で存在していいのか、
戸惑っていたのかもしれません。

いつも、貢献できることを探すのが癖になっているので、
参加者であっても、同じなんです。

貢献できるのかな、という心配。
どうやって? 


いろいろ自分を探ってみたり、
結局、スタンスが決まらないまま・・・


個性的な方が多かったり、
熱い人が多かったり、
個性の強い講師がいたり、

圧倒されたいたことを受け取って、
場に対して怖さもあったこと認めたら楽になり、


怖いまんま、圧倒されながら、
次回は最前列に座ることを決めました。


説明会で私が背中を押したことで参加を決めた方が、
いつも最前列にいて、私を呼んでくれるので、
それがきっかけになりました。

ちゃんと、私を成長させてくれるサポートが
用意されているようで〜
有り難いです。

逃げられない(;^ω^)


端っこや一番後ろに座るのと、
最前列に座るのでは、
大きな違いがあることはよーくわかります(;^ω^)

だって、私も講師してますから〜


【居心地が悪いところに成長がある】といいます。


こんなに居心地が悪いのもこれまでにそうないぐらいなので、
ここに居続け、しかも次回からは最前列で受けたら(笑)

どんだけ成長できるものか・・・



居心地が悪い
というのは、
これまでの自分の枠から出ようとしているからで、
そのことに抵抗しているから。


飛行機と同じで、抵抗があった方が飛べるんですよねーーーー。


頭ではわかっていても・・・・



『居心地が悪い』=いけないこと
何とか対処しないと。

そう解釈している方がいたら、
どうか、そのままで。



今日も読んでくださってありがとうございます!!
Facebookとなぜか連携しなくなってしまったので、
記事がダブっています。
近いうちにアメブロに移行する予定です〜。






 
| 最近のわたし | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

『慣れてないだけ』


いつもブログを読んでくださってありがとうございます☆

私は、
・大人数がダメ
・見られることがダメ
・目立つのがダメ

セミナー講師が何を言ってるーーーー


そうなんです。

講師で人前に立つときは、
プロとしてスイッチ入るから、全然平気なんですよ〜。


ところが素の私はね〜〜〜



先日、南の島で会議があって行ってきたのですが、
後からチェックインする人たちを
驚かせたくて・・

7人でロングの金髪になり、
パレオ着て、ロビーで待ち伏せ。
全員をお迎えするのに結局1時間半ほど。

それもう、いろんな人に見られましたよ〜。
居心地が悪いったら・・・・・。


でも、それが時間が立つと、
見られることにも慣れてくるのです〜


じろじろ見られることに抵抗がなくなると、
内側にも変化が出てきて、
「ただ、お迎えしてるだけで、
ホテルに迷惑かけてないしね〜〜」

と、開き直ってきて・・・・(笑)


見られることも、
居心地悪い→馴れる→快感
と変化するから面白い。



一番驚いてほしかった師匠たちが感動してくれて、
サプライズも大成功すると、金髪を脱ぎたくなくなったりしてました(笑)

師匠の感動ポイントは、眉までちゃんと金髪に近くしていたこと(^^)
けっこうクオリティ高かった?


実は大のサプライズ好きだったことも思い出し・・・
次はこれ、
と、企画、妄想がどんどん膨らんでいる私なのでした〜〜



そうそう、先日報告をいただいた嬉しいニュース。
5年間家にこもっていた19歳の男子。
一度だけセッションをさせていただいたのですが、
働きたいけど、面接や人と一緒に仕事をすることが
怖いと言っていました。

「それはやってことがないから怖いだけで、
人間って何でもやったら馴れるものだよ」

この言葉が響いたと、後でメールをもらいました。

あと5ヶ月で20歳になるタイミングだったのですが、
それまでに働き口を決めることをコミットしていた彼。

20歳の1ヶ月前に、好きなスキーが仕事にできる
北海道に働き口を見つけて旅立ったのです。

先週、季節が終わったので帰った時、
以前とはあまりにも変わっていた様子に
お母様が驚きと嬉しさを報告してくださいました。

自分のことをこんなに話すなんて、初めてなんです・・・
しかも声のボリュームも全然違う・・・

声だけでなく、自信がついて堂々としている彼の姿を
想像できました。


4ヶ月で、人は変われる。


いい人達の中で過ごせたんですね、きっと。
話をちゃんと聴いてくれる人たちの中で、
「自分を話す」ことをやってみて、
馴れたんですね。
そして、それが普通になった。


一度だけ会話をする機会をいただいた私ですが、
こういったご報告が聴けた時、

「この仕事をしていて本当によかった」

シアワセに満たされます(#^.^#)


今日も読んでくださってありがとうございます。






 
| 最近のわたし | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

『私が生まれてきたのは・・』




前回、『自分が何のために生まれてきたのか』

そんな問いをいただいていると書きました。



私は13年前、夫と死別しました。
その体験は、何か意味があると捉えてきました。

夫はその時が寿命だった。
本人もそこは納得しているに違いない。
未練はないのだろうと。
確認はできないけれど、なぜかそんな風に捉えてきました。


で、私は?


試練を与えられた。
それはわかる。


何の試練なのか。
それが自分の中に落ちたのは、本当に最近のことです。


夫は、本当に人のことを気遣える人でした。
自分をさておき、人のことを考えられる人。

それに比べ、当時の私はいつも「自分」
自分のことで精いっぱい。

それに気づいてもいない。


夫には言われていたけど、気づけなかった・・・



常に、「人のために」とか「誰かの役に立ちたい」って
言ってはいました。

思ってもいました。

でも、それも結局は自分のため。


「人のためになっている」
それに酔いたいというか、完全に自己満足ですね。



恥ずかしいけど、

そんな自分だったことに気づけて嬉しいです。



今、師事している方は、

心底、人のために常に、それが軸で動いている方です。

常に自分が関わると決めた方のために、何ができるかを考えている。


私もそうしていると思っていたのですが、
レベルが違う。
私のは勘違い。


そんな私に与えれた試練、今世の修行は

「自分を消して、人のために尽くせるかどうか」


これが本当にやれたら、私の魂は天空に旅立った時に、
「何をやってきたんだ!!!!」と説教されずに済むかな

次に生まれ変わった時に、また同じ修行をせずに、

次のテーマでの修行の旅に出られるのではないかと

そんなことを思ったりしています。



勿論、自分を消してといっても、

自分を蔑ろにしたり、

自分を不用意に傷つけたりはしません。


自分の「欲」

「自分が良く見られたい」
「自分が認められたい」
「すごーい」って言われたい
「感謝されたい」

そんなことのためにではなく、

純粋に相手が良くなるように、

それだけで動けるように。


生涯かけても、そんな自分になれたら嬉しいです(^-^)



今回も読んでくださってありがとうございます!

 
| 最近のわたし | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

『自分は何のために生まれてきたか』




今日は重いタイトルですが・・・・

最近よく師匠に問われる言葉です。



自分が生涯を終えて、天空に旅立った時、

あちらで(という表現にしておきます)

「あなたは何をしてきたの?」

という質問に

何と答えるのか。


人生そのものが修行の旅だといわれています。

私もそう思います。



この数年、時間が経過するスピードがどんどん速まっているのを感じます。

昨日のことなのに、3日前ぐらいの感覚になることが多く。


1日1日、1時間1時間、1分1分、

1瞬1瞬。


悔いのない過ごし方をしたいですね。


何となくではなく、

自分で『決めて』。



いつもいつもピリッと過ごすという意味ではありません。

「自分を癒す」
「自分を休ませる」

必要です。



何のために生きているのか・・・
私の話は、また明日(^-^)



ブログ更新は何日かおきになってしまっていますが(;^ω^)

英単語、短いセンテンスを1つ覚えるは

今のところ、毎日続いております。

365個、私の中に増えると思っただけでワクワクします(#^.^#)



今日も読んでくださってありがとうございます。





 
| 最近のわたし | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

『私は人見知り〜』



実は、私、人見知りです。

といっても、誰も信じてくれない気がします〜(;・∀・)


私自身、そのことに気づいたのは昨年。


ある連続したセミナーに参加した際、最初に2日間、まったく場に馴染めず・・・
浮いていました。

「何かが合わないのかな」

1ヶ月後、再びおなじ場に参加すると、

「あら、馴染めてる」


もしかして、人見知り???


50年近く・・・人見知りをしないのが私の特徴のように思っていたのでした。
この衝撃はけっこうなものです。


そして気づいたのです。


「そっか、これまでが違ったんだ・・・
自分に無理させてたんだ・・・」


いつもしっかりしていないといけない
いつも元気に明るくいないといけない

小さい頃から、人見知りをすることを自分に許してこなかった。


自分にごめんなさい
そんな気持ちでした。


一昨年から昨年にかけて、「自分が素に戻ること」
「本当の自分を取り戻すこと」に取り組んできた私なので、

本来の私でいられるようになったのだと思います。

おめでとう!  なんです(^-^)


あっ、でも、

1対1はOKなんです。
大勢の人の中に入ると、ダメみたいです。

土〜月の3日間参加していたセミナーでも、
2日間は近くにいる人と話すのが精いっぱい。


自分が人見知りだったというのを忘れていて・・・
自分が馴染めずにいることに戸惑ってしまった私でした・・・(;^ω^)


実は人見知りだってわかってよかったです。
無理させるんじゃなくて、自分がわかれば取扱いができますからね。





今回も読んでくださってありがとうございます〜


 
| 最近のわたし | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

普通じゃない結果を得たいなら




私には今、何人かの師匠がいますが
(といっても、私が勝手に思ってるだけで、弟子にした覚えはないと言われそう)

全員が同じことを言います。


成功したいなら、
結果を出したいなら、

コツコツ、続ける
毎日続ける


昨日響いた言葉は



普通じゃない結果を得たいなら、

コツコツ普通のことを続けること。



私は飽きっぽい。
凝り性だけど、飽きるのも早い。


そんな私も、仕事は、学校の講師業は20年やったし、

コーチングは10年めに入った。


好きなこと、楽しいことは飽きないのです。


今やってることの一つは、まだ好きまではいっていないけど、
結果出したいから、絶対にやめません。

実はコツコツは、苦手です(^^;;


でも、結果出してる、ついていこうと思う4人が全員
言っているのだから、やるしかない。


さて、昨日コツコツ、毎日必ずやり続けるコミットをしました!

⚫︎英単語を1つ覚える
⚫︎その単語を使ったセンテンスを覚える

それを2人の仲間にシェアする。


1年続けたら、365個の英単語、センテンスが私に入るわけです。
ワクワクしますね〜

英単語を365個覚えることが、私が欲しい結果ではないけど、
365日続けた先には、今より英語力が付いたら

私の世界は確実に変わりますね。


皆さんも、毎日コツコツと続けるコミットをぜひ!


そういう私は、ブログを毎日更新するコミットが、
どんどん崩れてました(^^;;
実はネタが…

まだまだ修行が足りませんね〜

また、ここから頑張りまーす♪


今日も読んでくださり、ありがとうございます☆


皆さん、ハッピーな1日でありますように☆
| 最近のわたし | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

『NOを言ってもらえるのは嬉しい』



馴れない営業をしていますリポート〜


自分にノルマを課して

注)雇用関係はないので、ノルマはないのですが、

コミットよりノルマの方がやる気になれるんですね〜

なぜなら?  ドМだから〜(*^^)v  (笑)



私は素晴らしい商品だと思っているので、「こんなのがあるよ」と

情報をお伝えしますが、

興味がわかない、

今は必要ない、

買いたいけど金銭的に無理

などなど、いろいろあって当然。



そんな時は、ぜひとも、そう伝えてほしいのです。

下村さんにはお世話になっているから

とか、

一生懸命やってるのに言えない

とか、

要は気を使わせてしまうのは、私にとっては嬉しくないのです。



でも、相手が「NOを言いたいのに言えない」

としたならば、

それは私に原因がある。



「絶対に買ってほしい」

思いが強すぎたり、

「持ちつ持たれつでしょ!」

なんて心に思って、静かに脅してみたり(^▽^;)

言葉にしなくても、残念ながら伝わってしまうから、

相手は自由に選んだり、自由に表現ができなくなってしまう。



相手が自由に選んで、自由にNOが言える

そんなコミュニケーションを、相手が誰であろうとし続ける

それが目標です。


今のところ、ちゃんと断ってもらえてるからマルかな〜




そうそう、以前にコーチングのセミナーをお誘いした方から

「興味がないので、行きません」

その当時はけっこう仲良しだった(と私は思っている)お友達に言われた時は

「すごい!」

尊敬し、きっぱり言ってもらえて、むしろ気持ちよかったのを覚えています(^-^)



今回も読んでくださって、ありがとうございました♡



 
| 最近のわたし | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

『裸になれ!』



久しぶりの投稿です(^▽^;)

楽しみに記事を待っていてくださる読者の方がいらっしゃったら、
1週間も空いてしまいごめんなさい。



今、私は生涯初!

馴れない営業をしております。


何のために〜??


人間修行の一環です(^-^)



私にはとっても苦しい時に救ってくれて、

これからの人生に、

輝かしい光を差し込んでいただけたメンターがいます。



その方についていこうと真剣に思い、

教えに沿って、取り組んでいるところです。



守・破・離

の守の段階です〜


その師匠がやってみた方がいいということは、

素直に何でもやっていこうと、そんな私です。



で、タイトルの『裸になる』との関係は・・・


私は20年、学校で講師をしてきました。
先生と呼ばれ、学生に教えるという仕事をし、


平行して、かれこれコーチングの仕事をしだして10年。


有り難いことに講演をさせていただいたり、

セミナー講師も数えきれない回数をやらせていただき。


その結果、プライドのようなものが出来上がってしまったようで・・・



その私が営業となると、商品を買ってもらう結果のために

「力を貸してください」

とお願いをすることもありますし、


コーチングの仕事をしていることを知っている方には

「どうして?」

とか、

「コーチングでは食べていけないのかな?」

とか、

いろいろ思われてしまうなぁなんて考えると、

とても苦しくなってしまうのです。



相手によって、自分の在り方が変化してしまうし、

いろいろな自分が観えてきて、葛藤だらけ(*_*)



とにかく『自分を守りたいんだ』

そんな自分を発見して、うんざり。



師匠はいつもいつも、『裸になれ』と言います。

『プライドなんて邪魔なだけ』だと。



私が営業している商品はとても素晴らしくて、

それをお伝えして、欲しい方にはご注文をしていただく。


社長は働く皆様のことを本当によく考えてくださる素晴らしい方で、

これから伸びていくまだ小さい会社なので(社長ごめんなさい)

皆で盛り上げようとしていることは、

何も恥ずかしくも、悪いことでもないのに、

なぜか、堂々とそのことが言えない私がいて。



「コーチングをしながら、営業もしていまーす」


「それが何か?」


誰にでもそう言える私になったら、この修行の成果ありです(^-^)



というか、ここで書いてますから、


書こうと思った時点で、裸になれたかな?



営業しながら、いろいろな自分を発見しては脱ぎ捨て、手放していくことで

コーチングを通して人に関わらせていただく時にも

きっと役に立つと信じています。



裸になって、

正直に、自分のすべてをさらけ出せるようになると

とっても楽ですね。



まだまだ全裸(笑)にはなれていないので、

これからまだまだ修行は続きます〜



そして、これまでにはない、たくさんの体験をし、

人間性を上げていくことが

この修行の目的です。



またリポートしていきますね〜


今回も読んでくださって、ありがとうございます♡














 
| 最近のわたし | 08:27 | comments(1) | trackbacks(0) |

『何でも引き受けてしまう癖』



前回書きました、

『1人でやってしまう癖』

または

『1人で抱え込む癖』



今日は『つい引き受けてしまう癖』について



皆さんはないですか?



私はあるんです。おおいに(;´∀`)



これって長女体質なんでしょうか・・・



私は2人姉妹の長女です。

親が忙しくて、妹が何だか頼りない感じにみえて、

つい、いろんなことを私がやってしまい

大人になってから、そのせいで私は何もやらせてもらえず、できないことが多いと

言われショックを受けたことを覚えています(>_<)


そうか〜〜〜

それは申し訳ないことをしてしまった〜〜

体験する機会を奪っていたんだ〜〜



親が二人とも亡くなった時も。


私が時間が自由になるというのが理由ではあるのですが、

手続きの大半を私が引き受けました。

なので、報告はしていましたが、何がどうなっているのか、

妹はつかめなかったと思います。



今年の初めに、両親、祖父母が眠っているお墓の檀家を

私から妹に代わってもらえないかと相談をし、引き受けてもらいました。

何故なら、私の家には夫のお仏壇があるため、両親、祖父母のお位牌は、

妹の家にあります。

そして、私は嫁の立場で、妹は旧姓です。

お位牌を持っている妹がお寺の檀家になるのが自然。

そこに気づかず、自動的に私が引き受けていたんです。

気づいて依頼をして、渡したら、気持ちが楽になりました。


やりたくないわけではないのですが、自動的に引き受ける。は良くないですよね。



『役割を分担する』

この視点がつい、私には欠けてしまうようです。


そして、人は様々なことを体験して、いろいろなことを学び、

成長していくのだから、その機会を奪うつもりでやっていなかったとしても、

これまで随分一人占めしてきたのかもしれないなぁと・・・


つい自動的に、自分がやろうとする、引き受けてしまう、この癖。

やれるから、時間があるから、そういうこととは関係なく、

誰がやるか・・・

相談して決めていく・・・


ビジネスでも同じ。

家族でも。


例えば家のこと。

親だから、妻だからやるのではなく、役割を分担して、協力しあえたら

そこには感謝や承認が生まれ、関係性もきっと良くなっていくでしょう。



 
| 最近のわたし | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM