<< 『嫌われてもいい覚悟で』 | main | 『認められたいから』 >>

『例え嫌がられても』



昨日も書いたのですが、大切に思っている人には思ってることは言おうと決めました。
(昨日の記事のようにご本人が特定できる内容の場合、掲載の許可をいただいておりますので、念のため)


若い時にお世話になった方。
数年前に久しぶりに再会してから何度か会い、時々連絡を取っていたのですが、んーーーどこか疲れている、あのエネルギーはどこに?と思うことが多く。
落ち着いたといえばそれもそうなのでしょうけど。

会っていなかった時にいろいろ苦労があったようなので、それが影響しているのかもしれませんが。
せっかく持っている能力が十分に発揮されていないように感じる。
もっともっと結果を出し、楽しんで面白がって働けるに違いないと思ってしまう。
そして、そうできていないことに一番残念でもどかしく感じているのは、本人のように感じてならないのです。
ごく稀にしか会わないのですが、会う時には「言われたくない」オーラが出ているので、その話はしないことにしていました。が、3日の夕方、LINEで新年のご挨拶だけのつもりが、つい言ってしまいました・・・


シアワセを願っているから、言いました。
感じてるままを伝えました。
「どんな人生にしていきたいの?」
ときいてみました。


いつもいつも「年だから」と言うことも正直腹が悲しかったので、
だって私と同い年ですから・・・
私はこれからが人生で一番花開く時だって思ってるのに・・・

50歳、まだまだこれから。
意識次第だよと。
それも伝えました。


リアクションはありませんが、返事が欲しかったわけではないのでいいんです。
何かが響いたのならそれでいいんです。
3が日だっていうのにまったく・・と、気分を悪くされて怒っているかもしれませんね。
うっとうしいかも。

嫌がられたとしてもいいんです。
ほんの一瞬でも自分と向き合ってもらうきっかけになったのなら、伝えた甲斐があります。


本当にお世話になった方だから、大切な方だから。
これからどう生きたいのか、このままでいいの?と自分に問いかけてくれたら、すごく嬉しいです。
 
| coaching・コミュニケーション | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/118

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM