<< 『自分は何のために生まれてきたか』 | main | 『何が起こるかではなくどう捉えるか』 >>

『私が生まれてきたのは・・』




前回、『自分が何のために生まれてきたのか』

そんな問いをいただいていると書きました。



私は13年前、夫と死別しました。
その体験は、何か意味があると捉えてきました。

夫はその時が寿命だった。
本人もそこは納得しているに違いない。
未練はないのだろうと。
確認はできないけれど、なぜかそんな風に捉えてきました。


で、私は?


試練を与えられた。
それはわかる。


何の試練なのか。
それが自分の中に落ちたのは、本当に最近のことです。


夫は、本当に人のことを気遣える人でした。
自分をさておき、人のことを考えられる人。

それに比べ、当時の私はいつも「自分」
自分のことで精いっぱい。

それに気づいてもいない。


夫には言われていたけど、気づけなかった・・・



常に、「人のために」とか「誰かの役に立ちたい」って
言ってはいました。

思ってもいました。

でも、それも結局は自分のため。


「人のためになっている」
それに酔いたいというか、完全に自己満足ですね。



恥ずかしいけど、

そんな自分だったことに気づけて嬉しいです。



今、師事している方は、

心底、人のために常に、それが軸で動いている方です。

常に自分が関わると決めた方のために、何ができるかを考えている。


私もそうしていると思っていたのですが、
レベルが違う。
私のは勘違い。


そんな私に与えれた試練、今世の修行は

「自分を消して、人のために尽くせるかどうか」


これが本当にやれたら、私の魂は天空に旅立った時に、
「何をやってきたんだ!!!!」と説教されずに済むかな

次に生まれ変わった時に、また同じ修行をせずに、

次のテーマでの修行の旅に出られるのではないかと

そんなことを思ったりしています。



勿論、自分を消してといっても、

自分を蔑ろにしたり、

自分を不用意に傷つけたりはしません。


自分の「欲」

「自分が良く見られたい」
「自分が認められたい」
「すごーい」って言われたい
「感謝されたい」

そんなことのためにではなく、

純粋に相手が良くなるように、

それだけで動けるように。


生涯かけても、そんな自分になれたら嬉しいです(^-^)



今回も読んでくださってありがとうございます!

 
| 最近のわたし | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/146

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM