<< 『私が生まれてきたのは・・』 | main | 『慣れてないだけ』 >>

『何が起こるかではなくどう捉えるか』



とっても久しぶりの投稿になってしまいました。

いつものように忙しく、お陰様で充実した毎日を過ごしていたのですが、
この3週間ほどは、私にとってステージが変わるための
期間だったように思います。


4月の頭には、慌ただしく南の島にも行ってきました。
会議出席が目的だったのですが、道中〜滞在2日間で
私の不要な皮?(笑) 殻?(笑)が剥がれました〜  パチパチ

何があったかは、また後日に〜(^^)


そんな脱皮の期間だったからか、
ブログに何を書いていいのか・・定まらず、
そんな時は無理せず、そのままいました。

で、見事に脱皮成功をして、それに気づいたら
自然にまた記事を書きたくなっている今でした。




さて、今日のテーマは

『自分に何が起きたかではなく、

起きたことに、どう反応するか、

どう捉えるか』



生きているといろんなことが起きますよね。

思いがけず、嬉しいことも、

予想していない、嫌〜なことも。



そのことに翻弄されてしまうこともありますね。



「うわぁ、翻弄されてるーー」

と気がつけたら、先ずはOK!!


それには、自分を客観的にみる訓練が必要〜



反応だらけになっている。
人のせいにしている。
「なんで私がこんな目にーー?」と、
考えても答えが出ないことに時間を使い、

「こんなことなら、やめればよかった」と
自分の選択を悔いてみたり・・・


でも、捉え方一つで、ぐちゃぐちゃだった感情も
本当に見事に変わります。



そうそう、昨日数人で会話をしていた時に出た話。
「4月から着任した上司が、それはもう上から目線で、
コミュニケーションも○○だし、ここは□□だし・・・・
今まで楽しく仕事ができていたのに、どうしたらいいんだろう」


前の上司があまりにも素晴らしくて、
どうしても比較をしてしまっていたようです。


「その上司の人も、急にこれまでとは違う部署を任されて、
戸惑ってるのかもしれないね。」

「あなたの方がキャリアもあって、いろいろ知っているわけだし、
どう接していいのかわからないのかも。」

こんな視点が他の人から出たら、
「あーー、そうかも」と。
感情が変化しました。

明日から上司を見る目が変わるかもしれませんね。


この視点が違っていたとしても、いろいろな捉え方がある。
そこに気づいたら、もう翻弄されなくなるかもしれません。


その渦から、先ずは出ること。
そのために、第3者に話してみて、
「あなたならどう捉える?」と聞いてみることをお薦めいたします。



今日も読んでくださって有り難うございました(^^)
| coaching・コミュニケーション | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/147

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM