<< 『7つの習慣』 | main | 『なぜ人が惹きつけられるのか。』 >>

『重要なことと緊急なこと』



今日は、前回の続きです。
随分と時間が空いてしまい、ごめんなさい。


スティーブン・R・コヴィー著
「7つの習慣」の第3の習慣。
「重要事項を優先する」


時間の使い方には4つの領域があり、

第一の領域は、「緊急で重要なこと」
・締め切りのある仕事
・クレーム処理
・せっぱつまった問題
・病気や事故
・危機や災害


第二の領域は、「重要で緊急でないこと」
・人間関係づくり
・健康維持
・準備や計画
・勉強や自己啓発
・品質の改善
・エンパワーメント(力づけ)


第三の領域は、「緊急で重要でない」
・突然の来訪
・多くの電話・
・多くの会議や報告書
・お付き合い
・雑事


第四の領域は、「緊急でもなく重要でもないこと」
・暇つぶし
・単なる遊び
・だらだら過ごす
・多くのテレビ
・その他の意味のない活動


私たちは、ついつい第一の領域のことに時間を使いますね。
それが当たり前のように。
でも、選んでいるのではなく、反応的に行動していませんか?

ここに時間を使うことをやめましょうというのではなく、
ここにばかり集中していると、問題は減るどころか
増えてしまい、疲れ果ててしまいます。

短期的にではなく、長期的なことに行動の時間を当てた方がいいと、
7つの習慣では言っています。


私も、以前は第一の領域にだいぶ侵されていました。
なので、いつもアップアップ。


その現実に気がつくだけでも違ってきますね。



一番時間をつくって取り組んだ方がいいのは
第二の領域のことです。


第四の領域のことに時間を使っていたなら、
そこは削って、第二の領域に使った方がいい。
ここに時間を使わない限り、成功は訪れない。


それから、第三の領域のことも、大事なことと
錯覚してしまうことが多いですね。
実は行かなくてもいい、冠婚葬祭やお付き合いが
多くあるのではないでしょうか。
誰々が行くから私も行かないと・・・・的な。
これは、主体的ではないですね。


私も以前は、断れなくて、またはお付き合いで、
本当は行きたくない場所に、貴重なお金と時間を使って、
行っていました。
今は、おそらく0に近いと思います。

行きたくない自分の気持ちに背いて行動すると、
とってもエネルギーが奪われます。
誘われた日時が特に予定がなかったとしても、
その時間、家で本を読む、ゆっくり休養する、
家族と過ごす、方が、何倍も有意義で結果に繋がります。

第四の領域のだらだら過ごすとは違いますので、
勘違いなさらないように。
意図的に、自分で決めて、ゆっくり過ごすのと、
何となくだらだら、ぼーっと過ごすのは
まったく結果が違います。




以上、7つの習慣の著者が書いていることに、
私の意見をくっつけて、書いてみました。



「時間がない、時間がない」と時間を欲しがっている方がいらしたら、
参考になると嬉しいです。



今日もお読みくださって、ありがとうございました!




 
| coaching・コミュニケーション | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/153

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM