<< 『どう生きたいですか?』 | main | 『自虐がおすすめ』 >>

『何のために?』

 

 

 

大変、大変久しぶりの投稿です💦

時々覗いてくださる方々が
いらっしゃることを知りながら。


毎日毎日いろんなことがあって、
そこから気づきや学びを得ながら、
なかなかアウトプットにいたらず…でした。

 

 

 私の人生のテーマ、目的は

 『人を力づけること』

 

 ご縁でつながった人たちを

 どうしたら『力づける』ことができるか。

 

 その軸となる体験があったので、

 記事にしておこうと思います。

 

 

先週のことですが、入院をしておりまして。

といっても、緊急な入院ではなく、

半年前からの計画で、筋腫を取り除く手術をしました。

かなりの大きさでしたので、

日常、支障はなくもなく、

一番は身体の中が滞っているのなら、

流れを良くしたいと思ったので。

 

全身麻酔か〜

いろいろ湧くものはありつつ、

踏み切りました。

  幸い、腹腔鏡でできましたので、

  負担も少なく。

  ただ、女性にしかない臓器を全部取ることになったので、

  それは、何とも複雑な心境でしたが・・・

 

  身体の中にスペースができたことは感じます。

  軽さができたということでしょうか。

 

  実際、身体から取り出した、

  いろいろ(笑)の重さは、

  なんと、

  1.1舛世辰燭蕕靴い里如

  それがあるかないかは、

  随分と違うでしょうね。

 

   これまで私と共にいて、

 お役目を果たしてくれたことに感謝をしてお別れしました。

 

 

 

 前置きが長くなりましたが、本題に入りますね。

 私の娘は関東で大学に通いながら、

 アジアンカフェでバイトをしています。

 メニューが難しかったり、 

 テーブルでの会計なので、お金の責任が重かったり、

 これまでもミスをしながら、

 凹みながら、

 自信をなくしながら、

 それでも1年近く続けてきているのですが。

 

 

 術後2日目の夜でしょうか。

 夜中に目が覚めて眠れずにいた私は、

 音楽でも聴こうとスマホを持ちました。

 

 

 2分前くらいに娘から、

 

 

 「今日バイトで重大なミスを犯してしまいました」   と。

 

 

 「えーーーーーーっ、重大なミスってなにーーーー?」

 

 

  速攻、「何があったの?」 とリアクション。

 

 

 まずは、起きたことを聴かないと・・・。

 

 

 アレルギーをお持ちのお客様への対応ミスだったと。

 幸い、未然に防げたものの、

 もし口にしてしまっていたら・・・・

 と、自分の至らなさに、相当の落ち込みようでした。

 

 

 

 これだけ自分を責めている本人を前にして、

 何が言えるか。

 

 

 

 それは、

 

 『この失敗から、何を学ぶか!』 ってこと。

 

 

 人は、うまくいっている時よりも

 うまくいかない時の方が

 

 自分を知り、

 意識が変わり、

 成長していけるのだから、

 

 

 今回のミスによって、

 ただ落ち込んで、

 自信をなくすだけで終わるのは違うよね。

 

 

 何がいけなかったのか。

 同じミスをしないための方法は?

 

 

 一緒に考えました。

 翌日のその翌日もバイトが入っていたから、

 気持ちも切り替えておかないと、

 明日に影響します。

 一番影響させてはいけないお客様にです。

 

 

 

 大きなミスをしたり、

 連続してミスをすると、

 

 

 ミスをしないように、しないように・・・と、

 思考はそこにいきがちで、

 動きが小さくなってしまったり、

 おどおどしてしまったり。

 

 

 誰のためのお店なのか。

 何のためにバイトをしているのか。

 (もちろんお金のためではありますが)

 

 ホスピタリティの世界に進みたい娘にとっては、

 いかに自分が接するお客様に満足していただけるかどうか。

 その勉強のためでもあります。

 

 

 完璧であることを目指すよりも、

 もしかしたら、またミスをしてしまうかもしれない。

 そんな自分であることを許容したうえで、

 ミスを防ぐ対策をしておくこと。

 

 

 『できる自分』であることよりも

 いかに『できない自分』を認めること。

 

 

 大学1年の娘にどれだけ伝わったかわからないけれど、

 これは親としてではなく、

 人生の先輩として

 応援者として

 ぜひ伝えたかったことなのでした。

 

 

 翌日電話をしてみたら、バイト直前で

 声を聞くと泣きそうだからと、

 ほとんど会話はしていないのですが、

 応援の気持ちは伝わったかと思います。

 

 

 

 難しいバイトではありますが、

 1年、2年と続けていけば、

 成長していけることでしょう。

 私は信じて応援するのみです。

 

 

 

 何をする時でも、

 

 『何のために?』

 

 

 これがあるのと、ないのでは

 結果が大きく違ってきてしまいます。

 

 

 

 娘からのメッセージに返す自分の目的は

 

 『力づけること』

 

 そこに立ち続ければ、出てくる言葉は自然に・・・

 

 

 

 困ったとき、

 落ち込んだ時、

 

 すぐに吐き出してもらえる相手に

 私が選ばれること。

 そのことにも感謝です。

 発信してもらえなことには

 気づくのが遅れてしまいますので。

 

 

 離れているので、

 できることは、

 メンタル的なケアぐらいですからね〜

 

 でも、そこが一番重要だと思うので、

 学んできたこと、多少なりとも経験してきたことが

 役に立ってよかったと

 あの日、あの時間に眠れなくなったことにも

 感謝です。

 

 

 

 最後までお読みいただき、

 ありがとうございます💛

 

 

 

 

 

 

| coaching・コミュニケーション | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/165

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM