<< 『相手の心を開くには・・・』 | main | 『選択の繰り返し』 >>

『不安と向き合う方法&経験は宝』

 

 

 

本日も訪問してくださってありがとうございます。

 

またまた娘のネタになりますが・・・

 

 

大学2年の娘のバイト先であるアジアンカフェでは、

自分の時給を上げたければ、

プレゼンの機会を与えてもらえるという

素晴らしい経験をさせてもらえます。

 

 

失敗ばかりで、いつも落ち込んで、

あまりにもミスが多いため

(と本人は思っている)

迷惑をかけないように

やめようかと、何度となく考えた娘が、

 

時給アップのプレゼンを申し込んだというのです・・・・。

 

 

昨日がその本番の日です。

 

 

前日の夜、0時頃に

「電話をしてもいい?」とLINEがあり。

 

 

娘「吐きそう」(緊張のあまり・・・)

 

私「そっか。 今、心や頭には何があるの?」

 

 

娘「時給アップ早かったんじゃないか・・・」

 

私「うん。(受け取って)

  他には?」

 

娘「プレゼンちゃんとできるかな〜?」

 

私「うん。(受け取って)

  他には?」

 

娘「時給上がったら、もっとちゃんと仕事できないと

マズイよね」

 

私「なるほど。(受け取って)

  他には?」

 

娘「んーーーーないかな」

 

 

このやり取りをクリアリングといいますが、

 

不安や心配の正体を明らかにして、

 

どんな不安?

そんな心配?

 

具体的に一つ一つ、丁寧に大事に扱って、

受け取る。

 

消えはしませんが、脇にスーッといってくれて

邪魔しなくなります。

 

 

チャレンジに不安や心配はつきもの。

やったことがないわけだし、

自分を評価される場面で

緊張しないわけがない。

 

 

「有ること」をそのまま受け取るだけ受け取って。

コツは一つ一つに対処しないってこと。

ただ、そのままを受け取ること。

 

 

「ダメ元で、もし失敗しても、下がらないからリスクないし、

 

何よりとってもいい経験になるから、

 

思いきってやっておいで。

 

そもそもプレゼンが仕事ではないのだし。」

 

しっかり受け取ってからの言葉は、

相手にも入る。

 

 

 

当日の朝・・・

応援のLINEを入れると、

プレゼン前のミーティング中でした。

 

どうやらアレルギーの質問に答えられず、撃沈。

 

一気にプレゼンへの自信喪失、不安高まる。

 

 

答えられなかったアレルギーの対応についてを

できます!と言う事への躊躇いが・・・

 

 

「苦手なことは、できます!と言わないで、

 

「アレルギー対応は気をつけなければいけないので、

これからもしっかり勉強し、最善の注意を払います!」

 

という意気込みを言った方がいいのではないかな〜

 

というアドバイスを。

 

 

 

無事終わって、結果の報告がありました。

 

 

50円の時給アップ!

しかも、普段の仕事ぶりに対する評価は高かったようで、

「ぜひ、トップウエイターになってください!」とのお言葉も。

 

まさかの高評価がとても嬉しかった様子。

 

 

 

これは多くの方にあることだと思うのですが

(かくいう私もそうでした)

 

一つ苦手なことがあり、うまくやれないと

全体の評価がグッと下がり、

自分はできていない、ダメな人間だと・・・

 

10のうち9はできていても

1できないことがあると

10全部ができていない気がしてしまう。

 

これでは、自分が一生懸命やっていることを

いつまでたっても認めてあげられない。

 

 

反省や落ち込むことはあっても、

「まぁまぁやれていること」にマルをあげることはしないのです。

 

 

毎日、自分のしたことを振り返る習慣をつけるといいですね。

 

まぁまぁやれたことは?

(無理やりでも探す)

 

改善した方がいいことは?

 

 

必ず、両方をみていくことをしないと

バランス悪くなるので。

 

 

 

娘は、プレゼンの機会を通じて、

 

・実は、周りはちゃんと見ていてくれていること

(口に出して伝えてもらっているようなのですが、

自信がない状態で聴いているので、受け取れてない)

 

・本人が思っていない、いい評価をしてもらえていること

 

・今後に期待を持ってもらえていること

 

 

得ることがありました!

 

 

吐きそうになりながらも、

自分を表現してみること。

 

それは、これからの人生に大きく活きてくる、

財産になっていくものと思います。

 

 

『経験する』

 

これに勝るものはないように思います。

 

 

なんでもいいから、やってみたいと思うことは

 

うまくいかなくても

 

『経験する』

 

その積み重ねが自分を成長させてくれますね!!!

 

 

 

 

 

 

| coaching・コミュニケーション | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.sunnyplace-sendai.com/trackback/170

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM